真実に忠実なる弁護士と同様、良いロックバンドを見い出すことが困難なこの時代、一つのバンドが屹立する。この世に〈ロック〉をもたらすという使命を果たすために。

Walter Lee - Vocals/Guitar
Chris Wild - Lead Guitar
Stephen Doll - Bass
CC Harte - Drums

この4人が一つとなり、ロケット・クイーンを結成した。ロック界のヒーロー、マーヴェラス3、リット、エアロスミス&キッスを模範に、そして、GNR、モトリー・クルー&ポイズンの、若き精神を携えて。彼らに求めるべきものはただ一つ。それは、純粋なるロックンロールである。ライブに関して言えば、多くのいわゆる「ロックバンド」は、自らのために演奏することだけではなく、人々のために演奏することが自分たちの目的であり、それが当然のことだと考えている。中には、飾り立てずに地道にやるのが一番だ、とか、偉大な音楽だけが、偉大なショーを作り出せると感じているバンドもあるようだ。しかし、RQの方向性は、それとは異なっている。RQのライブに期待できるものは何か? 素早いピック、宙を舞うスティック、彼らが万人を招いているのは、ロックンロール・パーティーなのである。「僕たちを見るためにお金を払ってくれるわけなんだから、その金額に見合うものを与えるべきだと思うんだ。」自分たちのライブについてたずねられ、クリス・ワイルドは言う。「つまり、大事なのは楽しんでもらうってことさ。」と、CCが付け加える。これまでに行った、何百回ものライブは彼らの血肉となり、RQは、ロックに飢えた人々が求めるものを与えることに関して、素人ではない。「くそ、まだ耳がガンガンしてやがる。」と言いながら、スティーブンが微笑む。「俺たちはロックバンド以外の何者でもない。そう、ラウド・ロックバンドなのさ。」すると、ウォルター・リーが言葉をはさむ。「要するに、何もかも、うまくまとめればこういうことなんだ。みんなは、今生きているロックバンドよりも、自分のロックンロールのヒーローが帰ってくることを望んでるってこと。僕たちは、それをやり遂げるバンドになりたいのさ。」

2003年の後半にデビュー・レコード“Too Rock For Radio”をリリースし、ロケット・クイーンはファンのみならず、批評家たちをも見方につけた。昨年だけでも100を越えるショーを行い、Warped Tourにも何度か出演し、イエローカード、ニュー・ファウンド・グローリー、ストーリー・オヴ・ジ・イヤー、ボーリング・フォー・スープ、オートパイロット・オフ、コヒード・アンド・カンブリア、スライス、バッド・リリジョン、ザ・サウンズ、センシーズ・フェイル、マイ・ケミカル・ロマンス、サーズデイといった、彼らとの共通点を持つバンドたちとの共演をも経験したロケット・クイーンは、早くもテキサスで最もハードに活躍するバンドの一つとして認められるに到った。したがって、ジ・イーグルズ2003年ローカル・ショー・アウォードにおいて、彼らが一つのみならず、二つのノミネーションを、97.1という比率で勝ち取ったことも、驚くにはあたらない。そしてテレビをつければ、フォックス51のステーション・IDとして、Too Rock For Radioのタイトル・トラックが流れるのを耳にするだろう。RQはまた、昨年の間にはインターネット上でも着実な成長を見せた。彼らのウェブサイトには、一月に80,000件を超えるアクセスがあり、時にはそれを上回ることさえある。また、ロケット・クイーンは、フォックス、マイスペースcom、ウインドアップ・レコーズの非契約バンドコンテストにおいても成功の道を歩みつつあり、彼らの曲、”The Next Big Thing”は、映画”ジョン・タッカー・マスト・ダイ”の呼び物ともなり、サウンドトラックの中でもひときわ脚光を浴びる曲となっている。そう、今や彼らは、ジ・オール・アメリカン・リジェクツ、Ok・ゴー、ナダ・サーフや、その他の偉大なバンドと肩を並べる存在なのである。テキサス州に、あるいはその周辺に住んでいるのなら、あなたはRQから逃れられない!・・・それは、不可能なのである!!





激ポップ激キャッチー すこぶるハッピーで、
ちょっとセンチなカッケー曲がずらり揃ったメロディック・パンクの傑作!!

TITLE
Too Rock For Radio
トゥー・ロック・フォー・レディオ

PRODUCT ID
LRR-7004

RELEASED
2007.10.11

PRICE
\1.980 (TAX IN)


日本盤のみボーナストラック1曲収録/解説・歌詞・対訳付


01. HERE WE GO
02. THE ROCK SHOW   MP3
03. YOU AND I   MP3
04. FAREWELL MY FRIENDS   MP3
05. YOU’RE ALWAYS ON MY MIND   MP3
06. ROCK SONG   MP3
07. NEW YEAR’S ANTHEM   MP3
08. YOU’RE A STAR   MP3
09. WITHOUT YOU   MP3
10. TOO ROCK FOR RADIO   MP3
11. TIME FOR US TO CHANGE   MP3
12. DRIVE ALL NIGHT *   MP3


*ボーナス・トラック

 





2007.10.6

洋楽雑誌 BURRN !11月号のRelease Informationに、ROCKETT QUEENのデビューアルバムToo Rock For Radioが掲載されます!
要チェックです!!




2007.9.27

10月1日〜1ヶ月間、高知シティFMで、ROCKETT QUEEN10月11日リリースのアルバムから「The Rock Show」と「Rock Song」の2曲メドレーでパワープレイが決定しましたー!!


2007.9.17

音楽試聴サイトaudioleafのWEEKLY RANKINGで、ROCKETT QUEENが1位になりました!まだまだ試聴ガンガンプレイして下さい!
audioleaf → http://www.audioleaf.com/


2007.9.7

9月15日発売の洋楽雑誌 INROCK10月号に、ROCKETT QUEENのインタビューが掲載されます!要チェックです!!


2007.9.5

明日9月6日RKCラジオで、アルバムの2曲目に入っているThe Rock Showが流れます!(15:35分頃予定)


2007.9.3

9月10日〜9月17日の間、audioleafのトップ、FEATURE ARTISTに掲載されます!試聴ガンガンプレイして下さい!


2007.7.26

世界最大級のSNS ”MySpace”を中心として開催されているバンド・コンテスト優勝者、ロケット・クイーン待望の日本デビューアルバム「Too Rock For Radio」 が10/11発売決定!!


2007.6.4

Vans Warped Tourにも何度か出演し、アメリカ最大級のSNS ”MySpace”を中心として開催されている、バンド・コンテストでも優勝を果し、USでティーンズに絶大な人気を博した青春コメディー映画「John Tucker Must Die」にもサウンドトラックとして使われるなど、バンドとしても脚光を浴び今人気急上昇中の、超おバカで超イケテルポップパンクバンド、ROCKETT QUEEN が LITTLE ROCK RECORDS と契約しました!激ポップ激キャッチーロックンロール・パーティーは秒読みに入ったぜ!!